パソコンを見ている男性

淋病に感染するとどんな症状が出るの?

淋病は性感染症の一つです。
細菌の一種・淋菌が原因で症状が起こるのです。
もしかしてと思ったら早めに病院に行きましょう。
適切な治療を行わなければ治ることはありません。
淋病は特に男性に多く感染する病気です。
もしも感染した場合、強い排尿痛・不正出血などの症状が起こります。
尿道口が腫れたり大量の白っぽい膿が出てきます。
膿があふれ出るといった症状は他の性病にはありません。
男性が感染すると病気が特定しやすく、しかも日常生活を送るのが困難になるためすぐに病院に駆け込むことになるでしょう。
恐いのは女性感染者です。
女性も感染するものの、男性と違って排尿痛や腫れ・不正出血といった症状が起こることは少なくあまり自覚症状は見られません。
80パーセントもの人が感染者になったことに気づいていないと言われています。
おりものに多少の変化が見られる程度です。
そのため気が付かないままに他の男性とも性交渉をして感染を広げてしまうことになるのです。
初期症状は軽いものの、淋菌は確実にその勢力を広げていっています。
いつのまにか菌が子宮の奥まで進行していると、子宮内膜炎や卵管炎・骨盤腹膜炎といった病気になることもあります。
場合によっては不妊などの重篤な状態にまでなってしまう危険もあるのです。
日頃からおりものの状態など観察しておき、ちょっとした変化にも気付けるようにしておいてください。
あやふやな状態で病院に行くのは恥ずかしいというのであれば、自宅でできる検査キットもあります。
男性が感染している場合にはパートナーである女性も症状はなくとも感染している確率は高いです。
男女両方の淋病検査キットを取寄せて調べ、陽性となればすぐに病院に行ってください。
男性も放っておくと尿道炎が激しくなりどんどん痛みは強くなるばかりです。
頻尿や陰嚢の腫れといった症状も見られるようになり、歩行も困難になります。
最悪の場合には、男性も不妊症になってしまうのです。

淋病の治療内容・治療薬について

淋病治療で最も一般的なのは注射による抗生物質の投与です。
悪化すると最悪不妊に陥る恐ろしい病気ですが、抗生物質をたった1回打つだけで治療は完了するのです。
恥ずかしいからと排尿痛をいつまでも我慢しているよりもできるだけ早く病院に行った方が身のためです。
抗生物質の種類ですが、定番は静脈に注射するセフトリアキソンです。
セフトリアキソン1回投与で性器周辺の淋病だけでなく咽喉に感染する淋病まで30パーセントから70パーセントの確率で治療できるのです。
第1選択薬とされています。
腕の静脈に注射するだけでなく点滴により投与することもあります。
すべての方がセフトリアキソンを使えるわけではありません。
もしもアレルギーなどの理由があり使用できない場合は第二選択薬・スペチクノマイシンになります。
スペチクノマイシンは筋肉注射です。
太い針の注射をお尻から刺すことになるため痛みも強く患者への負担が大きいです。
それに、効果があるのは性器の淋病に対してだけです。
咽喉の方には確実に効果があるとは言えないため、ミノマイシンなどの飲み薬を併用するしかないのです。
とはいえ、こちらもたった1回の注射だけです。
たった1度我慢すればそれで苦しみから逃れることができるのです。
ただし、すでに淋病の感染がかなり進行し、悪化してしまった状態であれば治療期間が延びてしまうこともあります。
早期発見早期治療が望まれます。
注射や点滴は行わず、飲み薬が処方されることもありましたが、最近ではこの薬に対して免疫を持っている菌も増えています。
そのため注射が主流となっています。
ただどうしても病院での治療ができないという方であれば通販サイトで飲み薬を手に入れて治療するしかないでしょう。